イヤリング~ピアスみたいな可愛いデザイン、痛い!落とす!を軽減してくれる、シリコンゴムキャッチつき~

痛くないイヤリング、落ちないイヤリング、シリコンキャッチ付き

イヤリングについて、アンケートを取らせていただいたのですが・・・

下記のようなご意見をいただきました。

 

  • イヤリング。単純にあけるの痛そう。
  • イヤリング派。でもイヤリングつけてます的な存在感がなくピアスのようにさりげなくおしゃれをアピール できるものがあればいいんだけど
  • イヤリングのメリット、デメリットは?:メリットはつけたいときだけ気軽につけることが出来る。 デメリットはものによっては耳が痛くなったり頭痛くなったりする。
  • イヤリング派。でももっと、付けごこち軽くて、ピアスのような軽やかなデザインがあればいいのに。
  • ピアス、楽だから
  • 昔はイヤリングもしていたが、強めに締めると耳が痛いし、少しゆるめればすぐ落とす
  • ピアス。可愛いくて華奢なデザインが多いから。
  • イアリング!ピアスは穴あける勇気なし・・・。
  • ピアス派。前はイヤリングつけてたが、すぐに失くしたので、ピアスにした

 

アンケートを取ってびっくり、結構、イヤリング派が多い。
そして、今更、耳に穴を開けるのも・・なんて意見多し。
で、イヤリングの弱点として、痛い、落とす、可愛いのがない。
確かに、イヤリングは、どちらかといえば、華奢で可愛いものより
派手で個性的なデザインのほうが多いかもしれません。
・・・じゃ、ピアスみたいな華奢で可愛くて、
痛くない、落ちないイヤリングがあればいいんじゃない!?
ということで・・・

痛い!落とす!を軽減してくれる、シリコンゴムキャッチつきイヤリングを作りました

アンケート結果からもわかるように、
今更、耳に穴をあけるのも・・・
そもそも耳に穴をあけるのが怖い・・・
など人それぞれに、ピアスではなく、
イヤリングを耳元のおしゃれに選ばれる方も多いことがわかりました。
ただ、イヤリング特有の問題として挙げられるのが、
痛い、落としてしまう、というお悩み。
ひどい場合は頭痛にまで発展してしまうことも。
そんなお悩みを解消して、より気軽におしゃれを楽しんでいただきたいという思いから、
Ariyana アクセサリーお取り扱いのイヤリングにはすべて、シリコンゴムキャッチを付けています。

Ariyana アクセサリーのお取り扱いイヤリングの留め具は下記3種あります。

留め具調整可能クリップ式

痛くない、落ちにくい、ピアスみたいなイヤリング

痛くない度:★★★★★
メリット: 自分で調節が可能、小ぶりな華奢なデザイン可能。
デメリット:下記クリップ式よりは留め具が少し大きい

留め具調整可能クリップ式イヤリングはこちら

【痛くないイヤリング】ご紹介ムービー
【痛くないイヤリング】留め具部分詳細ムービー

クリップ式

clip_earring

痛くない度:★★★☆☆
メリット:小ぶりなので、ピアスみたいな華奢なデザインが可能。イヤリングっぽく見えない。
デメリット:痛みを感じやすい。

Ariyana アクセサリーのクリップ式イヤリングをつけられる際には、片手でパチンとつけずに、両手でじ~んわり装着してみてください。そのほうがより痛みを感じず、より長時間お楽しみいただけます。

クリップ式イヤリングはこちら


ねじ式

screw_earring

痛くない度:★★★★☆
メリット: 自分で調節が可能
デメリット:留め具が大振りで、目立ってしまう

ねじ式イヤリングはこちら


各留め具の痛くない度合いについて

※痛くない度について (Ariyana アクセサリー 独自調べ)
★★★★★ 痛くない、身に着けていてもイヤリングをつけている感じがしない。非常に軽快。
★★★★☆ ほとんど痛くない。イヤリングの装着感は若干あり。
★★★☆☆ 6時間ほどは痛くない。

Ariyanaアクセサリーのイヤリングは、
イヤリングだけど、ピアスみたいな可愛いデザイン、
そして、痛い、落とすを軽減してくれるもの
、をコンセプトにお作りしています。
可愛いデザインのイヤリングがない、なんて、耳元のおしゃれをあきらめていた方、
痛みや、紛失のため、耳元のおしゃれから遠ざかっていた方、
耳元にもおしゃれをして、お顔周りをより明るく、
今日も気分明るく楽しく過ごしましょっ!
どうぞ、これからもAriyanaアクセサリーのイヤリング、ご期待ください!

痛くないイヤリング、落ちないイヤリング、ピアスみたいなイヤリング

最後にチェックした商品